営業代行の成功事例紹介

実績2:平均受注単価100~300万円達成!

企業データ
経営者との商談機会設定 従業員30名~100名規模の成長企業経営者アプローチリスト2000件

クライアントの悩み

リーマンショック以降、代理店経由の案件が目減りし、直クライアントの案件獲得がマストの状態に。イマクリエ以外の営業代行会社にアポ取りを外注するも、決裁権のない担当者へのアポイントが多く受注に結び付かず。

現状と問題分析

  • 制作案件の単価が下がってきている。
  • 特にニーズが顕在化している案件や大手案件の場合、コンペ開催は必至で激しい価格競争が巻き起こる。

  • 社内に営業マンはおらずクリエイターやデザイナーが直接商談に行っている。
  • 社内に営業文化が無く新規アポでの商談の進め方がノウハウ化していない。
ご提案内容
イマクリエから成長中の中小企業経営者に対するアポイント設定を行い、そこに対してクライアント社内のクリエイター・デザイナーが営業に行く。クリエイティブの右腕が欲しいが相談相手のいない中小企業経営者に、直接クリエイターが営業をする事で市場価値を高める。イマクリエからはアポの提供だけでなく、毎月の営業MTG同席、営業同行とクリエイターに対する営業ロープレを実施。
ターゲット
従業員数30~100名の中小企業経営者。
切り口
代替わりのタイミングを狙った企業イメージ、ブランドの刷新。
目標
毎月15件のアポを提供し、そこからの受注率10%を目標に設定。

成果

商談件数:15件/月 新規営業からの売上:6000万円/12ヵ月

お客様の声
10代の頃、将来絶対やりたくない仕事が“営業”でした。「欲しくもないものを売りつける」「客先で迷惑がられる」 「ノルマに追われる毎日」社会人になってそういったイメージは徐々に薄まっていくものの、完全に払拭されることはありませんでした。今日までは。
「営業って面白くて奥が深い」それがイマクリエの二橋様に営業同行をしていただいた後の率直な感想。
営業はデメリット売って歩くわけではない。クライアントにとって価値ある提案をし、それに対して正当な報酬をいただくこと。アタマではわかっていましたが、それを体感できたのが今日のアポイントでした。
媚びへつらうのではなく、あくまで対等な立場でパートナーとしてクライアントと接する。その中でニーズを引き出し最適な提案をする。これこそ営業の理想のスタイルだと言われていますが、それを完全に実践している営業マンに初めて出会いました。勉強になります!
実績3:援軍開始わずかでいきなり受注!
援軍の詳細を見る お問い合わせはこちら